FC2ブログ
このブログは、お猿なウナナが自由気ままに綴っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
読んでみました。~お家で読書~

3月のこの時期には暑すぎる陽気にびっくりすると共に

強風が激しく吹いて、驚くやら怖くなるやら自動車が汚れるやら
目のかゆみや傷みで目玉を外してジャブジャブ洗いたくなるやら、
鼻水やくしゃみが出続けるやらで、もうヘロヘロなウナナです。 ハ・ハックショ~ン!!!

そんなアレルギーの原因に成っているものが、
花粉や黄砂ならマスクで少しは防げるけど、
PM2.5だったら・・・と考えただけで
恐ろしくなってしまいます!



読んでみました。~お家で読書~

今日は、先日紹介した映画「食堂かたつむり」の原作本を
図書館で借りて読んだので、感想などを載せたいと思います。

   006_convert_20130310234516.jpg

         最初に映画を見てから読んだので、
        登場人物や背景を頭に描くことが出来、
         サクサクとても楽しく読めました。


  ウナナの驚きポイント
(注意:ネタバレしています。)

1.食堂を始めた時の倫子の髪型

映画では、お団子ヘア→小説では、丸坊主
料理人として、衛生的にきれいさっぱりらしいけど、
本当にびっくりでした!

2.豚のエルメスの解体作業について

結婚するおかんの願いで世話をしていた豚のエルメスを食べる事に成り
解体する事に成るんですが、映画では、業者が解体
→小説では、倫子が解体!!また、びっくりでした!!

でも、このリアルなシーンがある事で、
命の尊さを考えさせられるのだと思いました。
私たちは、その尊い命を日々いただいているのだと。
 「有難く、いただきます。」



  ウナナの感動ポイント

倫子へ最初で最後のおかんからの手紙
「倫子様へ」から始まる5ページと4行のおかんの手紙は、
とても温かい、娘を大切に思う母親の手紙でした。 思わず、ホロリとしました。


この本を読み終えて、
私は、自分の両親の事を考えました。
親とかかわれる時間は、
後どのくらい残されているのだろう?
と 
そして、自分の子供達の事を考えました。
子供達に親としてやってあげたい事を
どれだけできるだろうか?
 


今回この原作本を読んで、家族の絆、
食材への感謝と手料理の素晴らしさを
感じることが出来ました。
良い作品に出会えた事に感謝です。



それから数日後、お義母さんから「麹」のおすそわけが有ったので、
早速、「塩麹づくり」に挑戦です。 いざ、手作り調味料!

材料を用意して、全部を混ぜてそのまま保存。
002_convert_20130311004647.jpg → 003_convert_20130311005824.jpg
それを毎日1回良く混ぜてはねかせて、3週間くらいで食べれるように成るようです。

美味く出来上がると良いな~。



最後までご覧いただき有難うございました。


スポンサーサイト
別窓 | 趣味 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<小猿と液晶テレビ~シールを貼るのに丁度いい?~ | お猿もブログ | 小猿の2歳児検診とぼちぼち頑張っている事>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

トラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| お猿もブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。